So-net無料ブログ作成

スーパー「ヤオコー」経営の秘密は? 「日本一強いスーパー ヤオコーを創るために母がくれた50の言葉」

皆様、ヤオコーというスーパーをご存じですか?

埼玉県が地盤のスーパーで、首都圏で114店舗を展開しており、
2011年3月期までで22年連続増収増益で、
成長を続ける注目の企業なのだそう。

残念ながら、近くに店がなく、ヤオコーを利用したことはないのですが、
最近、ヤオコーの川野幸夫会長が著した本で、その存在を知りました。

日本一強いスーパー ヤオコーを創るために母がくれた50の言葉》(アマゾン)

ヤオコーはもともと1890年、埼玉県小川町で、「八百幸(やおこう)商店」として創業。
その屋号からもわかる通り、八百屋として経営を続けていたのだそう。

時代の流れを読んだ、川野幸夫会長の母である川野トモ氏が、
1958年に、スーパーマーケット化を進めたとのこと。

この本は、川野トモさんが、社内報用に書きためていた
「商いのこころ」を再編集したもの。

「お客さまの心を捉えるのは値下げよりも誠実さ」
「会社も自分も今日は昨日のままであってはならない」
「お客様の『まあまあ』は『まだまだ』の意味」
「『売り手の便利』は『買い手の不便』」
「ライバルに勝つためには『返事ぺっぴん』になろう」
「『自分なり』に頑張っただけでは評価されない」

企業経営だけでなく、人生を送る上で役立つ珠玉の言葉が
紹介されています。

朝の連続テレビ小説「おしん」は、「八百半商店」を興した
和田カツさんがモデルだと言われています。

和田カツさんは、リヤカーをひきながらの
野菜の行商からはじめ、静岡県一円、さらには、
息子の代には中国にも進出する大きなスーパーチェーンに育てた人。

しかし、「ヤオハン」は、経営破綻。
その時にも、和田カツさんは、息子の和田一夫さんに、
「もとの八百屋に戻ればいいじゃない」と言ってのけた女傑です。

川野トモさんもそれに負けず劣らずの、
素晴らしい経営者だったようです。

少し前、サイゼリヤの創業者のお母さんの言葉もご紹介しましたが、
企業経営者のお母さんの言葉が経営の基礎になるということは、
案外多いのですね。

男の子にとっては、父よりも、母の存在は、特別。
男性経営者にとって、母の言葉は、
素直に耳に入るのかもしれません。

ヤオコー
http://www.yaoko-net.com/index.php

関連エントリー
サイゼリヤ創業者の母が株式公開の朝に与えた言葉。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

nikitoki

ヤオハンジャパンの実質的な創業者で、元会長の和田一夫さんが2019年8月19日午前2時54分、老衰のため、静岡県伊豆の国市の自宅で亡くなられました。90歳でした。ご冥福をお祈りいたします。
by nikitoki (2019-08-29 17:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0