So-net無料ブログ作成

認知症を恐れる知合いが行ったオリゴスキャンって何?

先日あった知人から、
オリゴスキャンを行ったと
教えてもらいました。

何のことか。

知人は、祖母、父など肉親の多くが、
認知症になったので、この病気に
ならないようにとても気を遣っているのです。

「オリゴスキャン」って何か、
わからなかったので、尋ねました。
手に光をあてるだけで、体内の有害重金属、
ミネラルの量がわかるという検査とか。

〇有害重金属14元素の蓄積の程度と、
 必須&参考ミネラル20元素の過不足を調べる。

これまでそうした検査をするには、
毛髪、尿などがありますが、
結果が出るまでにかなり時間がかかる。

ところがこのオリゴスキャンは、
4箇所光をあてる検査時間は1カ所1秒。
検査開始からおよそ3分で測定結果が、
出るとのこと。

知人は、以前にもミネラル検査を
行ったことがあるのですが、
最近はしたことがあったので、
この検査を受けたとのことです。

〇カドミウム、鉛、水銀、
 アルミニウムなどが一般の人より
 多く(高値、過剰)、蓄積されていたそうです。
 (なおより詳しく細かい数値で知りたい場合は、
 以前からの毛髪検査がよいようです)。

こうした有害重金属は、アレルギー疾患、
動脈硬化、高血圧などの原因となるそう。
(慢性疲労、肥満、うつ、免疫力の低下など)

認知症の中のアルツハイマー型は、脳にアミロイドβが
蓄積すると発症するとされる。この物質は、脳に
ダメージが与えられた時に発生するとのこと。
ダメージは、以下の36の要因により起こる。
(その一つに有害重金属がある)

〇この検査は自由診療。なので医療機関により
 費用は異なる。知人が受けたクリニックでは、
 初診料などを含めて2万円ほどかかったとのことです。

〇リコード法
 アルツハイマー病の原因は、脳に「アミロイドβ」が蓄積すること。
 脳がダメージを受けると、アミロイドβが発生することがわかった。
 脳にダメージを与えるのは、「炎症」「栄養不足」「毒素」の3つ。
 この3つの脅威は「脳の血流が悪い」「体内に炎症がある」
 「甲状腺機能の低下」「ビタミンB₁不足」「歯周病」など
 36の要因によって起こる。
 その要因の一つとして「水銀など有害重金属や毒物」がある。

〇こうした有害重金属・毒素を排せつすることが大事
 大便、尿、汗により排泄される。
 運動して汗をかき、代謝をよくする。
 腸内環境を整え便通をよくする
 こうした排泄を促す食材がある。
 タマネギ、ニンニク、ショウガ、ブロッコリー、
 カリフラワー、大根、キャベツ、パクチー、
 クレソン、ルッコラ、海藻、キノコ、アボカドなど。



私自身、30代の頃ですが、何度か毛髪を使った
ミネラル検査を行ったことがあります。
その時、多かったのが、カドミウムと水銀。

最近は全然、調べていないので、近々、
検査してみたいですね。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。