So-net無料ブログ作成

非科学的? アカスリで夏の暑さを乗り切るという知人。暑熱順化。

史上はじめて関東地方の梅雨が
6月にあけたそうです。

梅雨明け三日という言葉がありますが、
東京は33度でした。

この時期はまだ暑さに体が十分
順応しておらず、熱中症など
体に不具合がでやすいのだそう。

それで思い出したのが、
知人の独特の猛暑対処法です。





それは、体の毛穴を開くために、
入浴はもちろん、サウナに入り、
さらにアカスリを行うのだとか。

そうすると、暑さにあったとき、
毛穴をふさぐものがないので、
しっかりと発汗し、体温を下げて
くれるのだそう。

うーん、どこまで科学的なものなのか、
怪しいと思いますが、知人はこの独特の方法で、
長年、夏の暑さを乗り切ってきたとのこと。

アカスリがいいのかどうかはともかく、
かかりつけのお医者さんによれば、
夏の暑さに体をならすことは、
暑熱順化(しょねつじゅんか)と呼ぶんだそう。

どうすれば暑さに慣れるのか。

それは血行を良くし、発汗すること。

簡単なところでは、風呂にはいること。
またサウナ、特にミストサウナは、
発汗作用が高いわりに体の負担が
小さいので、おすすめとか。

もちろん体を動かして、汗をかくことも大切。
炎天下で激しい運動をしなくても、
日陰や気温の低い朝方、夕方などに、
ウォーキングなどの軽い運動でも良いそうです。

ただ先生からは、アカスリの話は聞いていないので、
それはあくまでも知人独自の信念なのかも。

アカスリはともかく、最近、シャワーばかりだったので、
ここ数日、銭湯に通って、お風呂(人工炭酸泉)につかり
じっくり汗を出しています。

お勧めです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。